【ライバー】VTuberも含まれる「ライバー事務所 カオスマップ2021上半期」が公開

VTuberは今、果たして何人いるのかわからないくらいに一般的な広がりを見せました。それは同時に、大手以外の事務所も数多く乱立する戦国時代の到来も意味しています。

現在、一般的に広く知られているのは、「ホロライブ」と「にじさんじ」の二大ブランドでしょう。運営はそれぞれカバー株式会社いちから株式会社であり、今のVTuber界を牽引する存在であり、結果として多くの問題が起きている会社でもあります。

しかし、頂点あらば裾野あり。どこまでも広がる小さな「好き」まで見つめて初めて、VTuber業界の今が見えてくるでしょう。

ライバー専門情報メディア「ライバーサーチ」が発表した「ライバー事務所 カオスマップ2021上半期」は、そのためには貴重な情報源になりそうです。

ライバー専門情報メディア「ライバーサーチ」とは

ライバー専門情報メディア「ライバーサーチ」とは

ライバーサーチは、VTuberよりは17Liveやポコチャといったライバーが活躍するアプリを特集しているメディアです。

今や配信で稼ぐ時代。ライバーサーチもまた、そうしたライブ配信アプリにおける稼ぎ方を指南しているサイトといえるでしょう。よって、VTuberを総合的に俯瞰しているサイトではないので、そこはご理解ください。

基本的には「ライバー」を紹介するメディア

あくまでも、ライバーサーチは今をときめくライバーについて取材や紹介を行っているメディアです。

しかし、VTuberも今やVLiverとしての側面が強く、さらに、二次元と三次元の壁は取り払われつつあります。こうしたメディアの需要は増える一方であり、今回のような取り組みもますます重要度が増すでしょう。

「ライバー事務所 カオスマップ2021上半期」を見てみよう

「ライバー事務所 カオスマップ2021上半期」を見てみよう

それでは、主題である「ライバー事務所 カオスマップ2021上半期」を見てみましょう。かなり濃い内容です。ホロライブやにじさんじのほか、メジャーどころからマイナーどころまで、そこそこの数を網羅しています。

また、なぜかにじさんじが17LIVEを主体とした配信としてまとめられているのも、結構なカオスです。いや、17LIVEでもライブをしていると主張したいのかもしれませんが、かなり傍流感のある配置になっています。

こんなVTuber事務所もあったんですねスペシャル

正直な所、ここに掲載できていないVtuberの事務所はおそらく無数にあると思われます。今回は比較的大きめの規模のものをまとめております。

上記の引用にもあるとおり、ここに載っているVTuber事務所やブランドは入り口にすぎません。それでも、2021年2月現在のVTuberのメジャーどころを思案するについては、充分な網羅度なのではないでしょうか。

それでは、紹介されている事務所や企業名を抜粋してみましょう。皆さんはいくつの団体について知っているでしょうか。

  • ホロライブ
  • 岩本町芸能社
  • 774inc.
  • ぶいらいぶ
  • ビータスクリエイション
  • RIOT MUSIC
  • ReVdol!
  • MUSUBIME△
  • i-LIVE
  • 星めぐり学園
  • あおぎり高校
  • ZERO Project
  • PINK PUNK PRO
  • OPEN BETA
  • Balus
  • Re:ACT
  • にじさんじ
  • いろどり芸能郵便社
  • .LIVE
  • VASE
  • VOLL

老舗から新興勢力まで、かなりの数がそろいました。しかし、これでも最初の引用にあったとおり、かなりの数が漏れているといえるでしょう。

これらの事務所、さらには漏れている事務所について、個々に特集した紹介記事を作ってみましょうか。意外と思わぬ発見があるかもしれません。

ただ、VTuber業界は栄枯盛衰が激しい黎明期のエンタテインメントです。キズナアイ、ミライアカリ、電脳少女シロ、輝夜月だけで語れた時代はとうの昔ですが、それでも2018年の話でした。この記事を書いている現在はまだ2021年であるにもかかわらず。

このようなダイナミックな息遣いを感じる世界がどのように進んでいくのか、という意味からもカオスマップを眺めるのは楽しいかもしれません。

「ライバー事務所 カオスマップ2021上半期」は興味の翼を広げるきっかけにちょうどいい

「ライバー事務所 カオスマップ2021上半期」は興味の翼を広げるきっかけにちょうどいい

ホロライブ、にじさんじだけがVTuberだけではなく、有力な個人勢ばかりがVTuberでもない。これは当たり前の話ですが、とても魅力的な事実です。

VTuberはまた個々の魅力を持っており、数字だけがすべての価値を証明してくれるわけでもありません。彼女たちや彼たちと真に相性が合うかどうかは、触れてみてこそわかるでしょう。

その興味の種は、非常に大切です。必ず芽を出し、新しい出会いにつながります。積極的に育てて、あらゆる配信や動画を見て回りましょう。新たな出会いはさらなる出会いにつながり、VTuberというコンテンツがより魅力的に輝いてくるはずです。

おすすめの記事